Bullet Palette

チャンタの自由帳

ハイブリッドムゲンダイナ

 

f:id:revolver_13:20210901094124j:plain

 

【型】

f:id:revolver_13:20210901092707p:plainムゲンダイナ@黒いヘドロ
性格:控えめ 特性:プレッシャー
実数値:241(204)-x-116(4)-198(116)-117(12)-172(172)
ダイマックス砲 ヘドロ爆弾 マジカルフレイム 自己再生

 

【調整意図】

○物理耐久
悪ウーラオスの暗黒強打2耐え
ウオノラゴンのエラがみ2耐え

○特殊耐久
カイオーガの雨下潮吹き2耐え
カプ・テテフのフィールド下サイコキネシス14/16耐え
(サンダーのC-1珠ダイジェット2耐え)

○素早さ
準速エースバーン抜き

○特攻
余り(11n)

 

【解説】 

 受け攻め詰ませ、全ての動きをとることができるムゲンダイナ。

 通常ムゲンダイナに詰ませの役割を持たせる場合、コスモパワーが採用される。しかし、コスモパワーを採用する場合、ドラゴン・毒・炎の3つの技範囲をとることができず、見れない相手がでてきてしまい使いづらいと感じた。そこで、コスモパワーではなく、炎技としてマジカルフレイムを採用。これにより、アタッカーとして十分な火力を持ちつつ、特殊方面に対しては詰ませの動きをとることが可能となる。マジカルフレイムが安定択となる場面も多く、立ち回りに柔軟性が生まれる。使用感としては3ウェポン+コスモパワー自己再生の5つ技を使っている感覚

 また、黒いヘドロとマジカルフレイムを見た相手が勝手に型を誤認してくれる点も評価できる。火力がないと思って後出ししてきたゴチルゼルが勝手に倒れていったり、カプ・レヒレ剣舞馬力ゴリランダーが突っ張ってきたりする。


 考えたのは前回の竜王戦ルールのとき。3ウェポンかつムゲンダイナサンダー対面の珠ダイジェットに対する安定択を取れる構成にしたくてこのようになった。現行のダイマックスなしルールでも強いと思う。

 

 

追記

s21にてこのムゲンダイナを使用し、
あぽろが最終19位、自身が最終74位を達成。