Bullet Palette

運は収束

ブログトップ

 当ブログを閲覧頂きありがとうございます。

 当ブログの記事は基本リンクフリーですので自由に載せてくれてokです。一報いただければ宣伝します。

 

【自己紹介】

HN:チャンタ

愛知出身。現在は北陸に囚われの身。

ハッサムブラッキーをこよなく愛するポケ勢。

ポケモンのほかに草野球、麻雀、アニメ、漫画、カラオケなどが趣味です。最近ゴルフも始めました。

好きな漫画は「ワールドトリガー」、好きなラノベは「ようこそ実力至上主義の教室へ」です。

全人類読め。

 

【戦績】

○USMシングルレート

s12:358位/2000

 

○剣盾シングルランクバトル

s4:300位/2020, 326位/2013

s5:141位/2076, 165位/2062

s6:356位/2015

s7:230位/2002

s9:258位/2008

s12:142位/2057

s14:50位/2068, 79位/2054

s16:140位/2012

s17:94位/2011

s21:74位/2107

s33:70位/2004

s34:83位/1973

 

○オンライン大会

・第6回からきおす杯(ベスト16)

(チームメンバー:いかたこ,ししゃも,にゅうたろう,くろぶち)

・バトンオン(1位)

・第2回トンコツ杯(4位)

・第4回TOP25%禁止杯(5位)

・第5回TOP25%禁止杯(4位)

・終焉のミエイ杯(1位)

 

○オフライン大会

・金字塔

・巫女笛(ベスト8)

・ポケリーグ#2

 

 

構築記事を中心に自己満でなにか書いていくのでよろしくお願いします。

 

 

 

8世代総括

 

【ランクバトル戦績】

シーズン 最終順位/最終レート

最後使った並び

 

s1 5728位/1838

s2 625位/1998

s3 1026位/1945

s4 300位/2020 326位/2013

s5 141位/2076 165位/2062

s6 356位/2015

s7 230位/2002

s8 978位/1940

s9 258位/2008

s10 休止

s11 656位/1863

s12 142位/2057

s13 633位/1921

s14 50位/2068 79位/2054 

s15 休止

s16 140位/2012

s17 94位/2011

s18 318位/1938 

s19,20 休止 

s21 74位/2107 

s22,23 休止 

s24 257位/1906
 

s25 休止

s26 3445位/1693

s27 休止

s28 440位/1884

s29 160位/1936 
    
s30 121位/1972 
 
s31 507位/1841
 

s32 休止

s33 70位/2004

s34 83位/1973

s35 休止

 

2000↑×11回、内2100↑×1回、2桁×5回

 

【シーズン毎の振り返り】

・s1〜3

 s1は自身が好きなポケモンであるブラッキーを使いたいと思い一応やっていましたが、最終日が元旦なこともあり終盤は全く潜りませんでした。最終日は飲み会→オールボウリング→初日の出と遊び倒しました。

 s2,3はそれぞれ上位の人の構築を参考に組んで、この辺は最終500位以内を目指してやっていました。今となっては考えられませんが当時は500位くらいでもレート2000あったらしい、、、。結果としてはダイマ択の解消がうまく出来ず目標を達成することができませんでした。

・s4〜6

 s4で澤村さんからダイマ択の解消法について教えを乞うことができ、順位が伸びるようになりました。s5,6は澤村さんとほとんど同じ構築を触り、動かし方を学ぶことであと1歩で2桁に届きそうというラインまでいくことができるようになりました(最高レート209xくらいまでいってたらしい)。この頃から誰かに構築を相談したり、誰かと一緒に構築を考えるようになり1人で取り組むより圧倒的に良い構築・プレイングができるようになったと感じました。

・s7

 リベロエースバーンの解禁によりこれまでの構築が破綻したため自身で試行錯誤し新たに構築を考えていきました。その中でもチョッキエースバーンは自分の中では革命的で、一時期クゥリさんなど他のブラッキー使いの方達にも使って頂けたりと、とても楽しいシーズンでした。このチョッキエースバーンがきっかけでねむねむとも仲良くなりブラッキー構築を一緒に考えるようになりました。

・s8,9

 s8はヨロイの孤島のポケモン達が解禁されやっとハッサムが使えるシーズンになったため、ハッサム構築を考えました。s8はカバギャラハッサムという7世代で2000を達成した構築を再現しようと組みましたが2000には届きませんでした。ハッサムの解禁に伴って疎遠となっていたりむさんと交流するようになり、よく通話をする仲になりました。

 s9ではりむさんがs8で20位を獲得したハッサム構築をベースに組み、8世代でのハッサム入り初2000を達成できました。序盤はブラッキー軸を使っていましたが下振れで消えました。

・s10,11

 s10は上位ポケモン禁止ルールとなり、パッチラゴンが使用率1位と言うとんでもないことが起こりました。誰も対面を見て技を押してこないのでおもんなくてs10の最終日はねむねむと「冴えないヒロインの育てかたfine」の鑑賞会をしていました。

 s11は上位の択を作りにくそうな並びを参考に潜りましたが大した結果は出せませんでした。この環境が1番嫌いでした。

・s12〜14

 s12で冠の雪原のポケモン達が解禁され、ヒードランボーマンダなどが使えるようになったので、ねむねむと新生ブラマンダについて考察しました。HB眠るマンダ+HDナットレイはとても強いと感じましたが、ウーラオスの存在からブラッキーが強く使えず2100は達成できませんでした。普段よく遊ぶメンバーは皆2100を達成していて泣きました。

 s13はウーラオスがしんどかったのでナットドランから離れたブラマンダを考え潜りましたが結果は出せませんでした。

 s14はある身内の言葉をきっかけにこれまでブラッキーハッサムといった相棒枠のポケモンから組んでいた構築をやめ、2100ないし2桁を狙える環境に適した構築を握ろうと決めました。澤村さんからHCポリゴン2が強いという話を聞き、これをベースに澤村さんや塩麹くんと相談しながら構築を組んでいきました。結果、2100は達成できなかったものの初の2桁順位を達成することができました。このシーズンはとても成長を感じることができたシーズンでした。

・s15〜17

 竜王戦ルールとなりましたが、s15はリアルが忙しかったので一時休止し、s16から始めました。s15でぴちさんが結果を残したダイナハッサムランドの並びをぴちさん本人と相談しながら改造していき構築を組みました。前期の環境上位構築に有利が取れるように組むことができなんとか2000を達成することができましたが、終盤に有効期限が切れそれ以上を狙うことができませんでした。

 s17では澤村さん塩麹くんと相談しながらネクロズマ軸の構築を考えていきました。初めはネクロポリ2のサイクルに寄った構築でしたが、やはりウーラオスがキツすぎて結局対面寄りの構築になりました。練度をあげてなんとか2度目の2桁を達成できました。

・s18〜20

 s18は冠ルールが戻ってきたので、どこかの記事で読んで気になっていたタラプバトンサンダーを軸にした構築を考えていきました。まあまあ面白く、2000も乗せることができましたが、そこから勝つことができませんでした。ウキウキで記事を書くつもりだったので残念でした。

 s19,20は忙しかったので休止しました。

・s21〜23

 s21からダイマなし竜王戦が始まりました。ハッサムを強く使えるルールだと感じたので、ムゲンダイナハッサムを軸とした構築を考え、8世代の目標であった2100を達成できました。環境に存在しなかった原種ヤドキングや3Wマジフレムゲンダイナの型を考えて数名の方に参考にして頂けたりと、とても思い入れのある構築になりました。

 s22,23は忙しかったので休止しました。

・s24〜26

 s24から竜王戦ルールが戻ってきたので、澤村さんが一緒に考えようと言ってくれたイベルタル軸を使用しました。2桁チャレくらいまでは行けましたがそこから勝てませんでした。

 s25は忙しくて休止、s26はグラードンを使いたいと思ったのでガチガチの対面構築を組みました。戦術がバレバレで笑えるくらい全く勝てませんでした。

・s27〜33

 s27から伝説2体ルールが始まりました。s27は忙しかったので休止、s28から始めました。s28ではネクロズマを軸としたサイクル構築が強そうだと思ったので、ゼルネネクロの並びから考えました。終盤まで2桁をキープできていましたが、釣り交換を1度されるだけで厳しくなってしまい最終日に勝ちきれませんでした。

 s29はドラパガエンっぽい動きができそうなゼクロムガエンを使用しました。最終日2桁は踏めましたが2000チャレを2回失敗して撃沈しました。

 s30はリフレクタームゲンダイナ軸のサイクル構築を使用しました。イベルタルダイマックスが最強だったので組み合わせましたが、使い手が下手すぎて最終日2桁すら踏めませんでした。

 s31は前期のリベンジでリフレクタームゲンダイナとカイオーガを組み合わせました。構築は非常に強く2桁も乗せることはできましたが、下振れしまくって2000チャレを負けてからズルズル落ちていきました。電磁波が強すぎて受けを前提としたサイクル構築はどうしても無理がでると感じました。時渡りオフでもまあまあ勝てたので結構自信があっただけに悔しかったです。

 s32は萎えて休止、s33もやる気はなかったのですが、あしゅが一緒にやろうと声をかけてくれたのでやることにしました。しかし、終盤まで全く勝てず4桁を彷徨っていました。そうすると最終日3日前くらいになってバドザシにチョッキラグラージいれたら強そうじゃね?ということを思いついて構築を組み直しました。これがうまくはまり伝説2体環境でやっと2000&2桁を達成できました。s31萎えただけに気持ちよく終わりたかったので保存しました。あしゅと一緒に構築を考えていましたが、結局お互いで全然違う構築を最後使用していて面白かったです。

・s34,35

s34からは伝説幻何体でもOKのふざけたルールになりました。プールが狭すぎてつまらないだろーなと思いやる気がありませんでしたが、病気なので構築だけは考えていました。黒バドレックス軸を考えていたところ澤村さんから悪巧みバトンタッチで特殊イベルタルに対応できると聞き構築に組み込みました。これが上手くはまり2000を達成できました。さらに上位の順位を狙うため42位から特攻しましたが、そこから2連敗し8:45だったので時間的に間に合わず終わりました。上位を狙えるシーズンだったので残念です。

 s35は忙しいので休止しました。

 

【総括】

 総じてめちゃくちゃ楽しかった、これに尽きます。7世代ではどちらかというと1人で黙々とやっていたタイプだったので、8世代になってから色々な人と関わってより一層ポケモンが楽しくなりました。人と話して一緒に考えることが自身の成長に繋がったと強く感じるので、9世代でも今の繋がりを大切にして楽しんでプレイしたいです。反省としては2000ラインや2桁ラインで何度か保存してしまったことです。9世代では中途半端な順位で満足することなくさらに上位を目指して特攻していきたいと思います。

 9世代の目標 < 最終1桁をとる >

 

 

【剣盾s34シングル】バトンタッチバドイベル【最終83位】


【始めに】

 閲覧ありがとうございます。チャンタです。

 今回はs34で使用した構築を紹介します。

 

【並び】

f:id:revolver_13:20221001151429j:image

 

【構築経緯】


 黒バドレックスが環境に存在するほとんどのポケモンに有利をとれると感じ使用を検討しました。しかし、天敵であるイベルタルが採用率2位でありほぼ全ての構築に採用されているため、イベルタル入りにも選出可能な型で採用する必要がありました。そこで悪巧み+バトンタッチを搭載し、チョッキイベルタルに繋ぐことを考えました。相手の特殊珠ダイジェットを2耐えし、こちらのC2段階上昇デスウイングで回復が間に合うため、相手の後投げイベルタル(特殊)の全行動に対する回答となります。この動きが強いと感じ、襷黒バトレックス+チョッキイベルタルの並びを構築の始点としました。


 黒バドレックスからの展開では相手のカイオーガディアルガといったチョッキ型で採用もしくは初手ダイマックスを切ってくるポケモンに対応するのが難しくなります。そこで、これらのポケモンに強いHDザシアンを採用しました。初手に置いて出落ちしないポケモンはサイクルが成立しにくいこの環境で非常に重要だと考えています。


 ここまででSの速いザシアンの上をとることができるのが黒バドレックスしか存在しないため、もう1匹ザシアンを上から縛れる枠としてスカーフカイオーガを採用しました。上記3匹では重いホウオウに強い点や限定的な条件ではあるものの黒バドレックスのバトン先となれる点も評価しました。


 最後に、上記4匹で対応不可能な構築に対し強引な崩しとなれる珠ゼクロムゼクロムが安全に舞う盤面を整えるための起点作成要員としてラグラージをそれぞれ採用しました。


 以上で構築が完成しました。

 

【個体紹介】

黒バドレックス@気合いの襷
性格:臆病 特性:人馬一体
実数値:175-x-101(4)-217(252)-120-222(252)
アストラルビット 悪巧み バトンタッチ 挑発

 

カイオーガ@拘りスカーフ
性格:臆病 特性:雨降らし
実数値:175-x-111(4)-202(252)-160-156(252)
潮吹き 雷 冷凍ビーム 根源の波動

 

ザシアン@朽ちた剣
性格:意地っ張り 特性:不撓の剣
199(252)-210(4)-136(4)-x-162(212)-173(36)
巨獣斬 ワイルドボルト インファイト 電光石火

カイオーガの特化潮吹き、ディアルガの特化珠ダイアースを75%で耐える
臆病黒バドレックスのアストラルビットを52%で2回耐える
メタモン勝率60.6%(最大)
B4振りカイオーガインファイト+電光石火で93.7%で落ちる

 

イベルタル@突撃チョッキ
性格:控えめ 特性:ダークオーラ
実数値:203(12)-135-116(4)-168(12)-148(236)-150(244)
悪の波動 デスウイング 熱風 蜻蛉返り

イベルタルの特化珠ダイジェット(130特殊)を98.9%で2回耐える
無振りイベルタルにC2段階上昇デスウイングがダメージ129~(回復量96~)
S1段階上昇で最速黒バドレックス抜き

 

ゼクロム@命の珠
性格:陽気 特性:テラボルテージ
実数値:175-202(252)-140-x-121(4)-156(252)
雷撃 逆鱗 ダブルウイング 龍の舞

 

ラグラージ@食べ残し
性格:生意気 特性:激流
実数値:207(252)-130-111(4)-x-156(252)-58
クイックターン 地震 欠伸 ステルスロック

カイオーガの特化潮吹きを81.3%で耐える

 

【結果】

TN ガイスト 最終83位/1973 (最高42位/200x)

f:id:revolver_13:20221001124406j:image

 

【終わりに】

 ここまで読んで頂きありがとうございました。

 なにかあればチャンタ (@chanta_poke) / Twitterまでお願いします。

 

【Special Thanks】

 悪巧み+バトンタッチのギミックを教えてくれた澤村さん
 最終日通話に付き合ってくれたりむさん
 調整を練り直す必要性に気づかせてくれたしおいぬさん
 最終日ユナイトで遊んでくれたねむねむさん

 なんかケロンパ

 

 

 

 

 

 

【剣盾s33シングル】ラグバドザシアン【最終70位】

【始めに】

 閲覧ありがとうございます。チャンタです。
 今回はs33で使用した構築を紹介します。

 

【並び】

f:id:revolver_13:20220901170630j:image

 前期結果を残したサックーさんの構築をベースに組みました。

sakku-poke.hatenablog.com

 

【個体紹介】*原案からの変更点を記載していきます。

ラグラージ@突撃チョッキ
性格:意地っ張り 特性:激流
205(236)-178(252)-110-x-110-83(20)
クイックターン 地震 雪雪崩 瓦割り

 カバルドンからの変更です。理由は、自身の撒く砂によって黒バドレックスの気合いの襷を削ってしまうこと、前期の1位2位がどちらもカバルドン展開の構築であり今シーズンはある程度「ステルスロック+欠伸」にメタが回ると考えたこと、挑発オーロンゲによる壁展開が無視できないレベルで存在すること、黒バドレックスとザシアンがどちらもダイマックスなしで強いポケモンなのでダイマックスを強く使える型で採用したかったこと、などです。非常に構築と環境にかみ合っていたと感じました。

 

ザシアン@朽ちた剣
性格:意地っ張り 特性:不撓の剣
197(236)-220(76)-146(84)-x-136(4)-182(108)
巨獣斬 じゃれつく 聖なる剣 電光石火

 同調整のザシアンに上をとれるようBを1つ落としてSに振っています。また、カバルドン展開をやめたので剣の舞を切って汎用打点のじゃれつくを採用しました。色々耐える神調整でした。

 

黒バドレックス@気合いの襷
性格:臆病 特性:人馬一体
185(76)-x-100-208(180)-120-222(252)
アストラルビット 未来予知 破壊光線 悪巧み

 Hに少し振ることでサンダー、ランドロスのダイジェットを2耐えするので、サンダー+ポリゴン2やランドロス+ポリゴン2といった並びに対して対面ダイサイコから入ることができます。未来予知媒体の火力のおかげでHBのポリゴン2に対しては受け出しを許さない点が強かったです。また、黒バドレックス受け+ザシアン受けの並びに対しても臆さずバドレックス+ザシアンの選出ができたり、ラッキーに対して未来予知→悪巧みと選択することで歌うからの交換を咎めることができたりと、未来予知は有用な場面が多かったです。

 

サンダー@命の珠
性格:臆病 特性:静電気
165-x-106(4)-177(252)-110-167(252)
放電 暴風 ボルトチェンジ 羽休め

 最速CSが個人的に1番使いやすいので耐久には振りませんでした。また、上振れを狙って特性を静電気、雷を放電に変更しています。非ダイマでも強いのが偉いです。

 

ガオガエン@食べ残し
性格:腕白 特性:威嚇
202(252)-136(4)-132(76)-x-132(172)-81(4)
フレアドライブ DDラリアット 蜻蛉返り ビルドアップ

 耐久に多く振りビルドアップを採用しました。ポリゴン2やHBホウオウを起点にしたり、相手から見えない勝ち筋を産むことができて強かったです。

 

ウオノラゴン@イバンのみ
性格:意地っ張り 特性:頑丈顎
197(252)-145(172)-123(20)-x-107(52)-97(12)
エラがみ 逆鱗 噛み砕く 堪える

 怒りの前歯を噛み砕くに変更したことで黒バドレックス入りに選出しやすくなりました。崩しになりつつアタッカーの攻撃を何でも良い感じにイバン圏内で耐えるので、スタンダード+ラキヌオーのような構築によく選出しました。

 

【結果】

TN チャンタぽけ 最終70位/2004

f:id:revolver_13:20220901170642j:image

 

【感想】

 下振れ構築をやめたおかげで対戦時間もそんなに長くなく、負けてもすぐ切替えることができたので、そこそこ楽しめました。久々に最終2000&2桁フィニッシュできて良かったです。しかし、前日の感触からもっと勝てると思っていたので、そこは惜しかったなーと悔やんでいます。最終日3日前くらいに思いつきで組んで使用したため、練度が足りずプレイングも拙かったです。

 ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

【剣盾 仲間大会】第5回TOP25%禁止杯 使用構築【最終4位】

【初めに】

 閲覧ありがとうございます。チャンタです。
 今回もTOP25%禁止杯で好成績を収められたので簡単に記事にします。

-ルール-
*s14ランクバトル使用率上位25%+α使用禁止
*過去作産のポケモン・技の使用あり

詳しくはこちら↓

taraco08.seesaa.net

【結果と並び】

12勝3敗 レート1618 4位

f:id:revolver_13:20220821093355j:image

f:id:revolver_13:20220821093359j:image

【調整】

ニダンギル 性格:勇敢
166(252)-178(252)-170-x-70(4)-36

タイプ:ヌル 性格:生意気
201(244)-115-117(12)-115-161(252)-57

ダゲキ 性格:意地っ張り
151(4)-194(252)-96(4)-x-95-137(252)

スターミー 性格:臆病
135-x-106(4)-152(252)-105-183(252)

ウォーグル 性格:陽気
175-175(252)-96(4)-x-95-145(252)

マッギョ(原種) 性格:図太い
216(252)-x-149(252)-101-120(4)-52

【構築の要点】


 命の珠を持ったアナライズスターミーの火力と技範囲を受けることができるポケモンが存在しないので構築の軸としました。軸とする上で、相手の襷持ちや特性頑丈のポケモンダイマックスターンを枯らされると最大値を発揮できないため、タイプ:ヌルの蜻蛉返り展開からスターミーを着地させ、ダイマックスを強く使うことを意識しました。


 こちらのダイマックスで一掃できない場合、相手の後発ダイマックスに捲られないようにする必要があります。特に意識しなければならないのがすいすい、砂かき、雪かきのアタッカーでした。このルールに存在するこれらの抜きエースに対して行動保証のある格闘枠が強いと考え、ダゲキを採用しました。堪える+イバンのみによりステルスロックが撒かれた場合でも確実に1回は行動することができるので、ゲームプランを組み立てやすかったです。

【選出】

@1
 ほぼ全ての対戦でこの選出をしました。
 @1にはダゲキを選出することが多かったです。

【感想】

 前回に引き続き好成績を収めることができて嬉しいです。フレ戦をしたり仲間と考察するのがとても楽しかったので、また9世代でもあれば参加したいです。運営の皆さんありがとうございました。

 

〜Special Thanks〜

 一緒に構築を考えてくれたりむさん
 最高1621最終1586 (12位)

 

 

【剣盾s31シングル&巫女笛オフ】ダイナオーガメタモン

【始めに】

 閲覧ありがとうございます。チャンタです。

 今回はs31と巫女笛オフで使用した構築を紹介します。

 

【並び】

f:id:revolver_13:20220701161745j:image

 

【構築経緯】

+
 リフレクター+マジカルフレイムを覚えたムゲンダイナの対面性能の高さと、積み技を用いてムゲンダイナを突破してくるポケモンに対して切り返しを行えるメタモンの並びが強力に感じたため、ムゲンダイナ+メタモンの並びを構築の始点としました。


 次に環境トップの並びである黒バドレックス+ザシアン対して強いガオガエンを採用、カイオーガ+ザシアン対して強いナットレイを採用しました。


 ここまででダイマックスを能動的に切って強いポケモンがいなかったので、電気・地面の一貫を切りつつ抜き性能が極めて高い霊獣ランドロスを採用しました。


 最後に相手のランドロスカバルドンの選出を抑制し、ガマゲロゲトリトドンの選出を強要することができる選出誘導力からカイオーガを採用しました。


 以上で構築が完成しました。

 

【個体紹介】

ムゲンダイナ@黒いヘドロ
性格:臆病 特性:プレッシャー
実数値:241(204)-x-121(44)-166(4)-119(28)-196(228)
マジカルフレイム リフレクター 自己再生 どくどく⇆ダイマックス砲

HSザシアンに対して下からリフレクターを貼って受かる
HAザシアンに対して上からリフレクターを貼って受かる
壁下で特化マンムー地震+地震+氷の礫耐え
C-1特化珠サンダーのダイジェットを93%で2耐え
S準速ドラパ抜きのザシアン抜き

 

 対面性能が非常に高く、ほとんどの対戦で初手に投げました。火力強化アイテム持ち、積み技持ちのポケモン以外には突破されず、マジカルフレイムやリフレクターによって相手の型を判別してから動くことができる点が強力です。このポケモン1匹で詰ませることも何度もある最強ポケモンでした(急所を引かなければ)。

 マジカルフレイム、リフレクター、自己再生は確定で、残り1枠はダイマックス砲、どくどく、毒びし、みがわりあたりから選択です。

 

カイオーガ@食べ残し
性格:図太い 特性:雨降らし
実数値:205(236)-x-156(252)-170-160-113(20)
熱湯 冷凍ビーム 瞑想 身代わり

地球投げを身代わりが耐える
A4振りガマゲロゲ地震を身代わりが最高乱数切り耐え
S無振りランド+2、麻痺した黒バドレックス抜き

 

 ムゲンダイナのサポートから全抜きを狙います。このポケモンの強みは、選出すれば火力のないガマゲロゲトリトドンダイマックスを強要させることができる点、選出しなくても相手に水受けの選出を強要することができる点です。水受けがいても選出が歪まないので、ゲームプランが立てやすかったです。

 ムゲンダイナのどくどく+このポケモンの身代わりでトリトドンを嵌めたり、ダイマックスを強要した水技のないガマゲロゲに後述の霊獣ランドロスを後投げし、剣の舞の起点にするといった動きも強力でした。

 

ランドロス(霊)@命の珠
性格:陽気 特性:威嚇
実数値:165(4)-197(252)-110-x-100-157(252)
地震 岩雪崩 空を飛ぶ 剣の舞

 

 最も強い一般枠の珠アタッカー。安定して強かったです。初手に投げてザシアンと対面した場合は、氷の牙をケアしてムゲンダイナに引きます(威嚇が入るのでムゲンダイナは受かります)。サンダー、イベルタル引きなど考えても全てこの動きで全対応できました。

 

ナットレイ@ヨプの実
性格:呑気 特性:鉄の棘
実数値:181(252)-138(188)-176(68)-x-136-22
ジャイロボール タネマシンガン 宿木の種 電磁波

鉄の棘3回+ジャイロボールでH252B↓ザシアン確定
巨獣斬+インファイト耐え

 

 ザシアンに後投げから1-1交換できる型で採用しました。ムゲンダイナがリフレクターの切れるターンに欠伸で流される展開が予想される場合に重宝しました。また、ムゲンダイナでリフレクターを貼っていれば、ザシアンに剣の舞を積まれた後でも後投げから勝つことができます。

 電磁波は有利対面から後投げしてきたムゲンダイナやイベルタルに打ち、上からカイオーガの瞑想の起点にするために採用しました。が、当然当たりませんでした。使っても使われても誰も幸せになれない技です。

 

ガオガエン@突撃チョッキ
性格:意地っ張り 特性:威嚇
実数値:201(244)-168(140)-111(4)-x-122(92)-84(28)
フレアドライブ DDラリアット インファイト 蜻蛉返り

ダイバーンでH252ザシアン確定
Sよくいるガオガエン+1
余りD

 

 ムゲンダイナがダイマックスを切ることができないので、ダイマックスを切って強い型で採用しました。

 メタモンカイオーガの選出画面での圧力が高く、黒バドレックス+ザシアンの並びが取れる選出は、①ザシアン+ザシアン受け+カイオーガ受け、②黒バドレックス+黒バドレックス受け+カイオーガ受け、③襷枠or珠枠+ザシアン+黒バドレックスの3パターンになります。①に対してはムゲンダイナ、②に対してはガオガエン、③に対してはメタモンがそれぞれ刺さるため、ムゲンダイナガオガエンメタモンの選出で大体勝てました。

 突撃チョッキによって特殊との撃ち合いにも強いので、キュレムディアルガといった重たいポケモンとの対戦も拾うことができました。

 

メタモン@拘りスカーフ
性格:生意気 特性:変わり者
実数値:155(252)-x-88(156)-x-89(100)-47
変身

 

 ムゲンダイナと合わせることで非常に動かしやすいポケモンでした。特に、ムゲンダイナは剣の舞ザシアンが重くなりがちですが、コピーすることで切り返しにいけます。リフレクターを貼っていればムゲンダイナを切ることなくメタモンをザシアンに対して後投げできるので、数的不利を取ることなく切り返しを行える点が強力でした。

 

【選出】

vs黒バドレックス+ザシアン
@1

vsカイオーガ+ザシアン
@1

vsイベルタル+ザシアン

@1

 

【結果】

ランクバトルs31

tn ベイルアウト 最高60位くらい 最終507位

 

巫女笛オフ 

5-1予選2位抜け ベスト8

 

【総括】

 机上論では強い構築でしたが、やはり相手の技を受けすぎるので下振れが激しく、ことごとく急所麻痺氷を引いて散りました。弱者は大人しくあつ森と月姫とマイクラの世界に逃亡します。

 

 なにかあればチャンタ (@chanta_poke) / Twitterまでお願いします。

 

 

 

 

【剣盾 仲間大会】第4回TOP25%禁止杯 使用構築【最終5位】

【始めに】

 閲覧ありがとうございます、チャンタです。

 今回は「第4回TOP25%禁止杯」という仲間大会に参加し、上位の成績を残すことができました。殿堂入りの間に掲載して頂けるとのことなので、記録として記事を書きました。


*ランクバトル使用率上位25%+α使用禁止
*ただし、一番上にジーランス・一番下にホエルオーを採用した場合のみレジ系統の使用制限を解除(レジエレキ以外)
*過去作産のポケモン・技の使用あり

f:id:revolver_13:20220328181159p:image

詳しくはこちら↓

taraco08.seesaa.net

 

【結果と並び】

f:id:revolver_13:20220328024452j:image

f:id:revolver_13:20220328031014j:image

 

【構築経緯】

f:id:revolver_13:20220328034147p:plainf:id:revolver_13:20220328034217p:plainf:id:revolver_13:20220328034229p:plain
 制限ルールは貧弱なポケモンが多いため、なるべく数値が高いポケモンを採用したいと思い、レジ系統の採用を決めました。使用可能なポケモンの中で強いフェアリータイプが存在せず、レジドラゴが最強だと感じたので、ジーランスホエルオーレジドラゴから構築を考えました。
f:id:revolver_13:20220328034251p:plain
 次に、環境が定まっていない中では自分のやりたい事を押し付ける方が強いと考え、初手ダイマ構築にしようと決めました。そこで、初手ダイマ要員として対面性能が最も高いと感じたレジロックを採用しました。
f:id:revolver_13:20220328034303p:plain
 次に、レジドラゴが通らない構築に対しては別の〆ルートを用意する必要があったため、詰め筋として強力なレジスチルを採用しました。
f:id:revolver_13:20220328034318p:plain
 最後に、ミラーへの解答としてフェアリータイプのシルヴァディを採用しました。

f:id:revolver_13:20220328034147p:plainf:id:revolver_13:20220328034229p:plainf:id:revolver_13:20220328034251p:plainf:id:revolver_13:20220328034303p:plainf:id:revolver_13:20220328034318p:plainf:id:revolver_13:20220328034217p:plain
 以上で構築が完成しました。

 

【コンセプト】

・初手ダイマからレジドラゴを通す
・初手ダイマからレジスチルで詰める
・最低限のサイクルを可能にする高い数値で固める

 

【個体紹介】

f:id:revolver_13:20220328034147p:plainジーランス@イバンのみ
性格:意地っ張り 特性:頑丈
実数値:175-156(252)-150-x-86(4)-107(252)
岩石封じ アクアブレイク 堪える 欠伸

f:id:revolver_13:20220328034229p:plainレジドラゴ@拘りスカーフ
性格:無邪気 特性:竜の顎
実数値:275-121(4)-80-152(252)-63-145(252)
ドラゴンエナジー 竜の波動 逆鱗 破壊光線

f:id:revolver_13:20220328034251p:plainレジロック@弱点保険
性格:意地っ張り 特性:クリアボディ
実数値:181(204)-167(252)-220-x-120-77(52)
ストーンエッジ 地震 冷凍パンチ 雷パンチ

f:id:revolver_13:20220328034303p:plainレジスチル@食べ残し
性格:腕白 特性:クリアボディ
実数値:187(252)-95-215(204)-x-150-77(52)
ボディプレス 鉄壁 毒毒 守る

f:id:revolver_13:20220328034318p:plainシルヴァディ@フェアリーメモリ
性格:意地っ張り 特性:ARシステム
実数値:171(4)-161(252)-115-x-115-147(252)
マルチアタック 炎の牙 ギガインパクト 剣の舞

f:id:revolver_13:20220328034217p:plainホエルオー@命の珠
性格:控えめ 特性:プレッシャー
実数値:245-x-66(4)-156(252)-65-112(252)
潮吹き 吹雪 波乗り 破壊光線

 

【選出】

・レジドラゴが通る時
f:id:revolver_13:20220328034251p:plainorf:id:revolver_13:20220328034217p:plain+f:id:revolver_13:20220328034147p:plainf:id:revolver_13:20220328034229p:plain
 初手ダイマで1〜2匹処理し、ダイマックス消費後相手のダイジェッターやすいすいなどのポケモンに捲られないよう、ジーランスの頑丈とイバンのみを盾に岩石封じで素早さを削ぎます。そして最後に上からレジドラゴの火力を押し付けます。


・レジドラゴが通らない時
f:id:revolver_13:20220328034251p:plainorf:id:revolver_13:20220328034217p:plain+f:id:revolver_13:20220328034147p:plainf:id:revolver_13:20220328034303p:plain
 初手ダイマで1〜2匹処理し、残りをレジスチルの鉄壁と毒毒で詰めます。ジーランスは頑丈と堪えるで毒ターンと相手のダイマックスターンを稼ぐことが可能なため便利でした。


・その他よくした選出
f:id:revolver_13:20220328034251p:plainf:id:revolver_13:20220328034303p:plainf:id:revolver_13:20220328034229p:plain
 数値でゴリ押します。

 

【感想】

 マイナーポケモンについてなにも知識がないので終始なにをしてくるか分からず、相手に感心しながら対戦を行っていました。普段できない発見がたくさんできてとても楽しかったです。環境調査がちゃんとできていたわけではありませんが、自分のやりたいことがうまくハマって勝つことができました。置物だと思っていたホエルオーが想像の10倍強く、たくさん選出した上とても活躍しました。レジ系統のメタとして選出されるポケモン達に刺さって面白かったです。

 たまにはこういう特殊なルールで緩く遊ぶポケモンも素晴らしい。